Gallery SORA / SPACE kuu

HOME展示/スケジュール

展示/スケジュール exhibit / schedule

国造焼 山本花野子 陶展「花野子のうつわ展」

2017.08.29 Tuesdaygallery shop SORA(特集)│-

出村雅俊 写真展「王国」

2017.08.23 Wednesday2017年終了した展覧会│-

砂丘という異界

出村雅俊写真展「王国」

 

 植田正治、塩谷定好、田賀久治をはじめ、鳥取砂丘を撮影の舞台とした写真家は枚挙にいとまがない。今この瞬間にも誰かのカメラに収まりつつ、それでもなお撮り尽されているという印象を与えないのが鳥取砂丘の凄みである。県内随一の観光名所は、当地きっての被写体でもある。

 そしてこのたび、新たな砂丘のイメージを結ぶ作品群が現れた。8月24日よりギャラリーそら(鳥取市)で開催される出村雅俊写真展「王国」がそれである。

ここでは、2012年から16年にかけて、真冬の鳥取砂丘で撮影された作品が展示される。それらが示すのは、雪に覆われ、強風に晒され、雪煙が立ちのぼる大地のありさまだ。吹雪の日の撮影が多かったというが、風に飛ばされた木の枝や降りしきる雪は、自然界の容赦のなさを見る者に突きつける。そこに、我々に馴染み深い鳥取砂丘の面影はない。

生命の気配が途絶え、場所を特定させる手掛かりも失った砂丘の姿に、出村は「王国」というタイトルを冠した。彼はそこに、我々の社会秩序とは無関係に存在する領域、人間の尺度が及ばない力に支配された異界を見出したのだろう。もっとも、危険を伴う冬季の撮影行を繰り返した作者の心の中にも、厳しく強いものがあったことが察せられる。何人も踏み込むことのできない自己の内面と、自律するエリアとしての砂丘が、本作では王国という名のもとに二重写しにされている。

また、この連作のうちには、雪景に日が射す瞬間も捉えられている。それは、荒涼とした地に不意に訪れた吉兆のような、象徴的な美しさも湛えている。身近な対象の知られざる相貌に光をあて、その魅力を拓いていくことは、現代写真の醍醐味でもあろう。ぜひ、多くの方々にご覧いただきたいと希望している。

 

(竹氏倫子・元鳥取県立博物館主任学芸員)

 

◇出村雅俊写真展「王国」

 会期:8月24日(木)〜29日(火)10:00〜18:00(最終日は16:00まで)

 会場:ギャラリーそら(鳥取市栄町)

 

 

作品キャプション:出村雅俊《王国》より  2012-16年

 

 

tottori handmade POCO 手作り雑貨市 10年分の感謝を込めて final

2017.08.16 Wednesday2017年終了した展覧会│-

 

 

森本一夫遺作展 「昭和絵記」

2017.07.31 Monday2017年終了した展覧会│-

遺作展にあたって

父 森本一夫は昭和2年神戸に生まれました。
幼年期は独自の好奇心と絵心を通して神戸の生活ぶりを観察し、
青年期は空襲による過酷な戦火をくぐり抜けてきました。
終戦後、鳥取に移り住んでからは窮乏生活を強いられながらも
昭和25年、鳥取大丸にデザイナーとして雇用されます。
以後、同社宣伝部に在籍し広告、装飾、催しに携わる一方、
グラフィックデザイナーとしても活動し、
市や県の美術デザイン展等にも尽力しました。
退職後も多彩な作品制作を続けましたが、晩年は滋賀に移り住み、
一昨年平成27年10月9日、88歳にわたる人生を終えました。
遺品整理をする中で思いがけず今回の「昭和の記録」を発見し
私たちは思わず手を止め見入ってしまいました。
独特の感性と線画タッチで描く昭和の生活や風俗模様,
とりわけ戦時下、鬼気迫る神戸空襲の描写は
当時を知る興味深い資料でもありながら父の生きた証しとも言えるものです。
このたび父一夫の三回忌を迎えるにあたりその展示を企画いたしました。
お世話になったみなさまに森本一夫が見た「昭和」を堪能していただければ
よき供養となり幸甚です。


  平成29年 子供一同

▲▼クリックで大きな画面になります

 

宮塚春美 noise 消えた風景のノイズを色と線で迎える試み

2017.07.30 Sunday2017年終了した展覧会│-

ギャラリーそらでは3年ぶりの個展になりますが

昨年度、尾崎呉服店併設の gallery Grid で小作品展を開催されました。
お母様が鳥取出身ということもあって、繋がりのある方が多い宮塚さん。
作品とお人柄が大好きなファンの方もたくさんいらっしゃいます。
今回はささやかですがgallery主催のオープニングパーティーも開催いたします。
宮塚さんのお話をたくさん聞きたいと思っております。
お誘い合わせの上、ご参加いただければ幸いです。

 

 

 

 

 

 

 

日中国交正常化45周年 コラボアート特別展 Nature

2017.07.24 Monday2017年終了した展覧会│-

中国延辺朝鮮族自治州との文化芸術経済交流イベント事業

(△クリックで大きな画面に)

日本が誇るエアブラシアーティスト「YASU」と中国現代書家「孫」2人のアーティストが国境を超え、因州和紙に描き上げたコラボレーション作品を特別公開。また2017年の新作アートも多数展示。

中国吉林省延辺朝鮮族自治州は、鳥取市と友好交流関係を結んでいる都市です。お互いに様々な交流活動を行っています。

 

 

日中国交正常化45周年 中国延辺朝鮮族自治州との文化芸術経済交流イベント事業

 

特別展  コラボアート

 

日 時:2017.7.25(火)〜 7.31(月)

 

場 所:ギャラリーそら (鳥取市栄町658−3)

 

入場無料

 

7月のgallery shop SORA 特集 縫う人 梶谷智子 初個展 アタントさんの夏のクローゼット

2017.07.23 Sundaygallery shop SORA(特集)│-

 

野間清仁 木工展

2017.07.15 Saturday2017年終了した展覧会│-

 

紙と加工の展示会 

2017.07.10 Monday2017年終了した展覧会│-

いつも大人気の大阪の平和紙業さんの紙の展示会。ここ鳥取でも見ることができるなんて嬉しいですね💕

今回は2Fでクリエイターのお店やさんと題して4つのブースで楽しめるようです♪

そして鳥取市の綜合印刷さんが工場見学(レトロな活版印刷機が回っているのも見れる!)や製本体験ができるコースもあります!!!!!!!!!

要Check!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

西尾正道展 かそけしの風

2017.07.03 Monday2017年終了した展覧会│-

【かそけし】とは・・・

かすかだ。ほのかだ。程度・状況を表す語であるが、美的なものについて用いる。

漢字は「幽けし」

オープニングの日、17時から19時の間はパンドパンの演奏と西尾さんのお話などお楽しみ頂ける時間を設けました。お気軽にお立ち寄りくださいませ。
また週末は「ひとやすみ」さんの出張カフェもあります。

 

 

ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE
<< << | 2/27PAGES | >> >>

ページのTOPへ戻る